お店紹介

代表によるご挨拶

代表取締役 坂上 絢子様

有限会社たま井や 代表取締役 坂上 絢子様

時代に合わせて変わるもの、変わらないもの

たま井やは飛騨高山 安川通り沿いにある土産物屋です。
元々は先祖代々古物商を営んでいましたが、近代化の流れにのり大正時代に自転車屋を先代である曾祖父が始めました。その後2代目である祖父が昭和32年に創業し、飛騨高山が観光地として発展するのに合わせ、現在の土産物販売に業務移行、3代目である父が事業継承し、母と二人三脚で店を切り盛りしていました。

  • たま井や
  • たま井や

4代目である私はそんな「たま井や」に長女として生まれ、小さい頃から忙しく働いている祖父母、父母の背中をみて育ちました。小さい頃から、お店が大好きで父母と一緒になりお店の中を走り回っていました。

そんな私が「たま井や」を継ぎ4代目になったのは、令和元年に父がくも膜下出血で急逝したことがきっかけでした。私は現在とは全く違う医療職についており、予期せぬ父の急逝でしたが、小さい頃から観光客で活気溢れた「たま井や」が大好きであり、また観光地である飛騨高山に誇りを強く感じていたため、迷わず事業承継を決意しました。

今後も時代のニーズに合わせ挑戦する先代から引き継いだ心意気も大切にしながら、古き良き飛騨高山の「ザ・土産物屋」を大切に守っていきたいと思います。

皆様のいい思い出の一部になれるように

曾祖父の代から変わらず大事にしていることはお客様との会話です。
現在の土産物屋に移行してからもただ土産物を購入していただくのではなく、普段の生活では会うことが出来ない方々との一期一会を大切にしております。旅行はいつの時代も日常から離れ、非日常を楽しめる一大イベントだと思います。一大イベントだからこそ、その思い出がいいものになるか悪いものになるかは紙一重だと思います。

お客様にとっては非日常のスペシャルな日ということを忘れずに飛騨高山の旅行が少しでもいい思い出になれるように微力ですがお手伝いさせていただきたいと思い、接客しております。

曾祖父の代から変わらず大事にしていることはお客様との会話

曾祖父の代から変わらず大事にしていることはお客様との会話

たま井やの強み

人にあげるお土産だからこそ、味見を!!!

当店では可能な限り商品の試食ができるように取り組んでいます。それは大切な人に渡すお土産物だからこそ自分が美味しいと思った商品を購入していただきたいという思いからです。
旅行のお土産だからこそ、お土産も受け取った方へ自信をもって美味しいもののお裾分けができるように試食に力を入れています。
※ 新型コロナウイルス感染症による衛生対策の関係で試食サービスを一部休止している場合もあります。

  • 外観1

    外観1

  • 外観2

    外観2

店内のアピールポイント!!

団らんスペースでごゆっくり楽しんでください

お土産物屋と聞くと土産を買うばかりだと思いますが、当店では団らんスペースをご用意しており、そこでお漬物の試食やテイクアウト商品のドリンクやソフトクリームを楽しんでいただくことができます。この場所が私の一番好きな場所であり、一番大切で守りたい場所でもあります。
生まれた時からずっとお店で祖父母や父母が働いている姿を見て育ちましたが、まず一番最初に思い浮かぶことは、団らんスペースで過ごされるお客様の楽しそうな声や笑顔です。高山の美味しい味覚を楽しみながら、ほっと一息つけるそんな場所をご提供出来るようにお客様との関わりを大切にしております。

  • 内観

    内観

  • 団らんスペース

    団らんスペース

お店情報

店名 たま井や
住所 〒506-0843 岐阜県高山市下一之町86
電話 0577-32-0771
営業時間 9:30~17:00 (季節によって営業時間が異なります)
定休日 不定休

ページの先頭へ戻る